default-logo


「」で検索しました。検索結果:14件

PT 理学療法士
高木庸平(佐賀県)

自己紹介
「リハビリテーションはアート&サイエンス。中でも言葉はたった一言で人を元気に幸福にしてくれる反面、ほんの一瞬で人の心を殺してしまう武器にもなります。そのことを自覚してお一人お一人の生き方を尊重した最適解のサービスを心掛けます。」

主な資格
理学療法士、深部組織-筋膜リリース(Deep tissue myofascial release:DTMR)インストラクター、住環境コーディネーター2級、ファイナンシャルプランナー3級

主な加入協会
日本理学療法士協会 深部組織筋膜リリースプラクティショナー協会(理事)

「筋膜の視点から痛みの緩和や動きやすい身体づくりのお手伝いをさせて頂く理学療法士」です。 そして、得意な分野は運動器疾患。特に、悪い姿勢や動き、怪我に伴う軟部組織の癒着、滑走不全が引き金となる「筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)に伴う頸・腰・膝・足痛」です。 入院、回復期、外来リハを経て、現在は介護保険部門のデイケアにてお一人お一人の生活に密接したご支援をさせて頂いております。主な活動と致しましては、療法士養成校の非常勤講師、現職者への技術育成、障害予防の啓蒙、地域の方々に喜ばれるような施設作りに日々取り組んでおります。

PT 理学療法士
沖倫太朗(広島県)

自己紹介
広島でフェルデンクライスメソッドというワークを中心に体のケア・コンディショニングを行っています。
20代~70代まで、さまざまなからだの状態の方にご利用いただいています。

PT 理学療法士
中井 宏俊(兵庫県)

自己紹介
『必要な治療、助言、方策を、必要とする全ての人たちに届けます!』
初めまして。
ITのエンジニアから理学療法士になった中井宏俊と申します。呼吸療法認定士の資格を取得しており、呼吸・循環に関する治療技術を得意としています。また週末に整体院も開業しておりますので、整形疾患(特に肩関節疾患)に加えて、めまいや頭痛などの慢性症状の改善も得意としています。
患者様や利用者様の「真のリハビリテーション」の一助となるべく、活動しております。
よろしくお願いいたします!

PT 理学療法士
渡邊啓太(山口県)

自己紹介
理学療法士免許取得後、理学療法を患者さんに提供する中、臨床で悩む日々が続き、様々な勉強会に参加していく。
その中で筋膜、オステオパシー、内臓などと徒手療法を学んでいくが自身が思う結果が出せない事に悩みさらに勉強会に行き続ける。
学んでいく中で自身の身体の使い方や体の軸をうまく使えていない事に気づきボディワークを日々臨床に取り入れながら自己研鑽中である。

1 / 41234

「 腰」の最新ブログ

コンディショニングkinadaへお客様からの声を頂いています!【喜名田 健二朗】

こんにちは、脊椎骨盤専門コンディショニングkinada代表の喜名田です。 コンディショニングkinadaへお客様から多くの声を頂いております。 その一部をご紹介いたします。   69歳 主婦 数十年来の悩まされ […]

症状と離れた部位を治療して、症状が消失する方法【喜名田健二朗】

こんにちは、コンディショニングkinadaの喜名田です。 皆さんは、診断名の部位のみ治療していますか? 診断と離れた部位の治療って出来ていますか? 新規追加 ある腰椎椎間板ヘルニアの患者Aさんについて、 簡単に例を挙げま […]

体幹トレーニング【沖倫太朗】

こんにちは、フリーランス理学療法士の沖です。 広島でフェルデンクライスメソッドというボディワークのスタジオを運営しています。   世間で俗に言われる「体幹トレーニング」、どんなイメージをお持ちでしょうか? &n […]

保護中: 体幹へのアプローチに骨盤底筋群を入れてみましょう【中井宏俊】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

1 / 61234...最後 »

「 地域 」の最新ブログ

検索条件が選択されていません。