default-logo

リハビリドック利用規約

この規約(以下「本規約」といいます)は、「リハビリドック」(以下「本サイト」といいます)の利用に関する 条件を、本サイトに係るサービスを利用する法人、団体、又は個人のお客さま(以下「甲」といいます)とリハ ビリドック管理人 西山祐二朗(以下「乙」といいます)との間で定めるものです。甲は、本サイトの利用にあ たり、以下の各条項の内容に従います。

第1章 総則

第1条(適用の範囲)

本規約は、乙が運営するインターネット上のリハビリ関連職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等)の検索 及びブログサービス「リハビリドック」の閲覧・利用(以下「本サービス」といいます)を行う者と乙との一 切の関係に適用します。

第2条(利用規約)

甲は、乙から本サービスの提供を受ける場合、及びそれに伴いリハビリドックを利用する場合、本規約の定め に従わなければなりません。

第3条(甲への通知)

1. 乙は、甲の事前の承諾を得ることなく、本規約を随時変更することができるものとし、甲は、かかる変更 がなされた後に本サービスを利用した時点から、変更後の本規約の内容が有効となることを承諾するも のとします。
2. 前項の変更は、本サイト上又は乙が運営するウェブサイト上に掲載する方法により甲にお知らせします。
3. その他、乙が必要と判断した場合には、甲に対して随時必要な事項を前項に定める方法、電子メール又は 書面により通知します。

第4条(禁止行為)

甲は、本サービスの利用にあたり、次のいかなる行為も行ってはならないものとします。
(1) 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。
(2) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれのある行為。
(3) 乙又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為。
(4) 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。
(5) 乙又は第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。
(6) 同一又は類似のメッセージを不特定多数の者に送信する行為(乙の認めたものを除きます。)、その他 乙がスパムと判断する行為。
(7) 乙が定める方法以外の方法で、本サービスの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為。
(8) 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(乙の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客さまに対 する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的 で本サービスを利用する行為。
(9) 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。
(10)宗教活動又は宗教団体への勧誘行為。
(11)他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示又は提供する行為。
(12)本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、同 様の質問を必要以上に繰り返す等、乙に対し不当な問い合わせ又は要求をする行為、その他乙による本 サービスの運営又は他のお客さまによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。
(13)上記各号のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為。
(14)その他、乙が不適当と判断した行為。

第3章 情報の取扱い

第5条(コンテンツの著作権)

甲が本サービスにより提供する情報、写真、イラスト、動画等一切のコンテンツ(以下「本著作物」 といいま す)に関する著作権(著作権法第27条及び第28条 に定める権利を含む。)は、乙に帰属するものとします。

第6条(各情報の取扱い)

甲は、本サービスにて知り得た療法士情報(本サイトに掲載されたリハビリ関連職に係る情報を含みますが、 これに限られません。)を、乙の承諾なく第三者に対して開示、提供してはなりません。なお、各リハビリ関連 職に対する問い合わせに関して、本サイトの問い合わせフォームに記載された情報は、各リハビリ関連職のほ か、乙が受領し、閲覧します。

第4章 サービス提供の停止等

第7条(サービス提供の中止)

1. 乙は、自らの判断により、本サイトの運営及び本サービスの提供を中止することができるものとします。
2. 前項の規定により本サービスの提供が中止された場合、乙は、甲に対して、当該中止によって生じた一切の損害の賠償責任を負担しないものとします。

第8条(サービス提供の中断)

1. 乙は、次の各号の何れかに該当する場合には、甲に事前に通知することなく、当該事象が終了し、又は本サービスの提供が可能になるまでの間、本サービスの提供を中断し、又は事前にもしくは事後的に本サービスの提供時間を変更することができるものとします。
(1) リハビリドックのシステムの保守点検を定期的又は緊急に行う場合
(2) 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
(3) 天災地変、法律上の制限その他のやむを得ない事由が生じた場合、通信事業者のサービス停止、通信回線の障害その他乙の責によらない事由により本サービスの提供ができなくなった場合
(4) その他乙が運営上本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合。

2. 前項の規定により本サービスの提供が中断された場合でも、乙は、甲に対して、当該中断によって生じた 一切の損害の賠償責任を負担しないものとします。

第5章 サービス提供契約の終了

第9条(契約解除)

甲が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、乙は、甲に対する何らの通知、催告なくして直ちに本規約 に基づく契約の全部又は一部を解除することができるものとし、また、これに伴い、乙は、本サービスの提供 を終了し、本サービスの利用を拒絶することができるものとします。
(1) 本規約の条項に違反したとき
(2) 手形又は小切手の不渡りが発生したとき
(3) 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行又は滞納処分又は滞納処分の申し立てを受けたとき
(4) 破産、民事再生、会社再生又は特別清算の申し立てがされたとき
(5) 甲の信用状態に重大な変化が生じたとき
(6) 解散又は営業停止となったとき
(7) 営業方法などについて行政当局による注意又は勧告、もしくは行政処分を受けたとき
(8) 甲が当社のコンピュータに保存されているデータを当社に無断で閲覧、変更もしくは破壊したとき、又はその恐れがあると乙が判断したとき
(9) 公序良俗に反し、又は本サービスを提供することがふさわしくないと乙が判断したとき
(10)乙がサービスの提供又は甲による利用の継続が困難と認めたとき

第10条(契約終了時の取り扱い)

甲と乙との間の本サービスに係る契約が終了し、又は本サービスの提供が終了した場合、原因の如何を問わず、 甲は、利用していたアカウントに関する一切の権利、特典を失うものとし、これにより甲に損害が生じても、 乙は一切の責任を負いません。

第6章 雑則

第11条(協議事項)

本規約に定めのない事項又は解釈に疑義の生じた事項については、甲及び乙は誠意をもって協議し、その解決 にあたるものとします。

第12条(合意管轄)

本規約及び本サービスに起因又は関連する紛争については、 福岡地方裁判所又は福岡簡易裁判所を第一審の 専属的合意管轄裁判所とします。

第13条(免責事項)

1. 本サイトにより提供している情報については、最新の注意を払って収集、管理しておりますが、その内容の正確性、相当性について保証するものではありません。本サイトに掲載された情報を利用することに よって生じる損害等については、乙は、一切の責任を負いません。但し、本サービスに係る契約が消費者 契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
2. 前項但書に定める場合であっても、乙は、乙の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行 為により甲に生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害(甲又は乙が損害発生につき予見し、又は予 見し得た場合を含みます。)については、一切の責任を負いません。
3. 乙の過失(重過失を含みます。)による債務不履行又は不法行為により乙に生じた損害の賠償を行う場合、 乙が甲から当該損害が発生した月に受領した金額を賠償額の上限とします。
•当社がホームページにより提供している情報については、細心の注意を払って収集、管理しておりま すが、その内容の正確性、相当性について保証するものではありません。当社のホームページに掲 載された情報を利用することによって生じる損害等については、当社は一切の責任を負いません。
•当社はホームページの構成、アドレス、掲載情報等を予告なしに変更又は中止・削除する場合があり ます。

附則

平成29年2月22日 制定・施行
平成29年6月13日 改定