default-logo

リハビリドック|ブログ

今まで担当したなかで1番印象に残っているリハビリテーション【山本昇吾】

私は今年で臨床9年目になります。 その中で、「先生に担当してもらって良かった」「(治って)諦めてた、旅行がいけるようになった」などなど、涙が出る位嬉しい言葉を頂く事があり、この仕事をしていて良かったと思います。 しかし、...
Comments : 0

リハビリドックでの投稿【山本昇吾】

ココでは主には、 評価や治療でポイントにしている所   セルフケアに関して 健康、ダイエットに関して 最近みた患者さんでこんな事で改善した例   他にもリクエストなどあれば書いてみたいと思います。
Comments : 0

私が考えるリハビリテーションとは【山本昇吾】

リハビリテーション、、、 「リハビリ」「リハビリ」って巷ではよく聞くようになった世の中だと思います。 でも、リハビリの意味を理解している方ってどれだけいるでしようか? そもそもは 「re」「habilis-tation」...
Comments : 0

はじめまして。【山本昇吾】

氏名 山本昇吾 年齢31歳 資格 理学療法士、リハレクトレーナー、食生活アドバイザー 経験年数  9年目   理学療法士の免許を習得後、整形の外来で多くの方のリハビリを行ってきました。 外来では、頚部...
Comments : 0

保護中: 医療と介護のセラピストを私なりに考える-。【木暮嘉人】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
Comments : コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: 解剖学を臨床に活かすコツ【高木庸平】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
Comments : コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: 「動かす」前に感じてみる【沖倫太朗】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
Comments : コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: ぎっくり腰の時、腰を揉んでいませんか【中井宏俊】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
Comments : コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: その研修会やセミナーの内容は、ホンマでっか?【喜名田健二朗】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
Comments : コメントを読むにはパスワードを入力してください。

リハビリドックでは主にこんな事を書いていきます。【蜷川雄哉】

福岡県春日市の理学療法士、蜷川です☆ 今の世の中はネットも普及して、情報社会と言われています。その中で、「情報が多すぎて何がいいかわからない」という方も多いと思います。リハビリドックを通じて、「自ら選択する」ということを...
Comments : 0

私が考える理学療法士とは?【西山祐二朗】

理学療法士って何するお仕事ですか? 理学療法士という資格ができて50年以上経つ今、どれだけの人が知っているでしょう? そんな理学療法士のことを良く知らない方へ知っておいてほしいこと。 理学療法士の「理学」って何か考えたこ...

今まで担当した中で1番印象に残っているリハビリテーション【木暮嘉人】

山梨県にあります石和温泉病院に併設されている通所リハビリテーション事業所で理学療法士をしております、木暮です。 今回は、『今まで担当した中で1番印象に残っているリハビリテーション』についてアップしていきたいと思います。 ...
Comments : 0

今まで担当した中で1番印象に残っているリハビリテーション【蜷川雄哉】

福岡県春日市の理学療法士、蜷川です☆ 私が今まで担当した中で1番印象に残っているリハビリテーションは 私が学生時代のことなので、私が担当していたわけではないですが、その時のセラピストのリハビリです。 学生でしたし、患者さ...
Comments : 0

リハビリ終了の目安って?【金澤陽一】

こんばんは。理学療法士の金澤陽一です。 読んでくれる方の読む時間帯の事は考えずに、こんばんは。 さて、今日はリハビリ終了の目安について私の思っていることを書きたいと思います。 さて、いつが終了の目安なのか? 答えは、医療...
Comments : 0

リハビリテーションイメージフォトについて【蜷川雄哉】

福岡県で理学療法士をしています蜷川です。 イメージフォトについてですが私が選んだフォトは水平線に並んでいる二人の写真です。 これを選んだのは、私が理想としているセラピストと患者さん関係性に似ていると感じたからです。 二人...
Comments : 0

拘縮(こうしゅく)について【高木庸平】

拘縮(こうしゅく)とは? 関節、関節包、靭帯、筋肉、筋膜、脂肪の動きが他動、自動で制限を起こした状態をいいます。 その原因は、麻痺、損傷、骨折、炎症、不良姿勢、不動等多岐に渡ります。 特に制限を受けるのが関節包と筋肉、筋...
Comments : 0

睡眠に関して【熊谷拓哉】

こんにちは! 福岡県で理学療法士として働いています熊谷拓哉です。 また自分なりにブログを進めて行ければと思います。宜しくお願いします。 さて、今日は睡眠に関して少し話したいと思います。 皆さん、睡眠に関して1日何時間寝て...
Comments : 0

「腰をひねる」は間違いですよ!【沖倫太朗】

こんにちは。広島でフェルデンクライスメソッドのスタジオをしています、理学療法士の沖です。   先日のあるクライアントの方との話題。 「この前腰をひねってしまってそれから何だか痛みが取れなくて…。」とのこと。 か...
Comments : 0

腰椎椎間板ヘルニア、腰痛の原因とは?骨格模型を用いて分かり易い説明【喜名田健次朗】

  世間やマスコミで色々と出回っている、腰痛改善のための運動法     それがすべての腰痛に効果あるとは思えないんです。     腰痛で何年も悩んでいる方が、   […]

水分、摂れていますか?【中井宏俊】

  このブログにお越しいただき、有り難うございます。 兵庫県は伊丹市にあります、みやそう病院リハビリテーション科の 理学療法士、中井宏俊です。     早速ですが皆さん、   水分 […]
Comments : 0