解決できないなら聴く!【山本昇吾】

前回の記事で、セラピストの役割に関して思う事を記事にさせていただきました。

今回、伝えたい事は

解決できないなら聴く

という事です。

臨床に当たっていると、自分1人では解決出来ない事が出てくると思います。

(臨床だけでなく、人生生きていると、色々な悩みや問題もでてきます。)

その際、あなたはどうしていますか?

僕は、勉強会に行く事が多く、そこで多くの先生や仲間に会う機会があります。

そこで、なるべく聴く様にさせてもらっています。

それまでにいろいろ試行錯誤していますが、

やはり1人では解決しないし、

自分1人の頭で考えているって事ってすごく小さかったり、一部しかないんですね。

なので、人に聴く、相談するって事はすごく大事なのです。

ここまでは、結構わかっている方は多いと思いますが、

それを実行できている人とできてない人がいると思います。

では、なぜこの違いが生まれるのか?

それは、相手に

変に思われないかな。

バカにされたらどうしよう

舐められたくないな、、、

などなど色々な考え、思いが浮かんでくると思います。

この共通点というのは、

フォーカスが自分に向いているんですね。

結局、相手の事を思いやれてないって事です。

仮にそう思われたとしても、傷つくのは自分の小さなプライドだけなので別にいいじゃないですか。笑

実は僕も、コレが出来てなくて遠回りした事が多くあります。笑

聴く様になってから、物事の進み具合が変わってきています。

解決しないなら、人に聴く!

って事を実践してみてください。

関連記事

  1. 冬でも脱水症【山本昇吾】

  2. 秋バテになってない⁉【月生達也】

  3. 保護中: 寝たきりや動きたくない方へ【月生達也】

  4. 維持期リハから介護保険領域への移行の件から療法士に出来ることを考えてみる【中井宏俊】

  5. 脚の重だるさを解決する『簡単』な自主トレ、やってみませんか?【中井宏俊】

  6. よくわからない心身の不調は実は脱水が原因?【中井宏俊】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。