スムーズに転がり、起きる【沖倫太朗】

こんにちは、理学療法士の沖です。

広島でフェルデンクライスメソッドというボディワークのスタジオを運営しています。

 

「立ち方」や「歩き方」を気にされる方はとても多くて、ふだんのスタジオでのレッスンでもたくさん質問されたり、相談されたりします。

「姿勢が悪いんです」とか、「歩き方が変なんです」とか、ある意味コンプレックスの原因になっていることも。

 

ですが、寝返りの仕方や、起き上がりの仕方を気にされている方はほとんどいないのではないかな…と感じています。

 

僕はフェルデンクライスを仕事にする前はリハビリ病院を中心に理学療法士として働いていたのですが、リハビリや介護の現場でも、立てるかどうか、歩けるかどうかは課題としてあげられることがとても多かったのですが、寝返りや起き上がりは話題にすら登らない、なんてことが多かったように思います。

 

ですが寝返りや起き上がりもとても大切な動きです。

全身の動きのつながりを使う大きな動きですし、その中で重心の移動や、床面との関係性の変化、からだの位置関係の変化を知覚することなど、「動き」を学ぶ上で重要な要素がたくさん含まれています。

 

病院で勤めていた頃、ガチガチに緊張してスムーズに動くのが難しいような方も、寝返りを力を抜いてなめらかに動けるように繰り返し練習することで、立つことや歩くこともスムーズになるということもたくさん経験しました。

 

もちろん病気や怪我を抱えている方だけでなく、痛みやからだの緊張を抱えている方にもとても大切な要素です。

 

フェルデンクライスのATM(グループレッスン:声かけにそって自分で動くワーク)でも、転がることや、からだの重さを持ち上げることはたくさん含まれていますしね。

 

・・・ということで、

これまでセラピストやトレーナー、ボディワーカーなど、からだに関するお仕事をされている方に向けて行ってきたワークショップ、次回のテーマは「寝返り・起き上がり」です。

 

詳細は以下になります。

 

セラピスト向けフェルデンクライスワークショップ vol.5「スムーズに転がる・起きる」

6月3日(日)13:00〜16:30

会場:EUREKA(広島市東区牛田本町1ー10−24−403)
定員:6名(人数により会場を変更する場合あり)
料金:5000円

お申し込みはこちらから

 

自分で動く・動きを観察する・ペアワークでのタッチやハンドリングの体験という内容で、ほぼすべて実技です。

寝返り・起き上がりの動きを通して、全身のつながりの理解を深めましょう^ ^

 

 

*スタジオ3周年記念特別ワークショップ「 Flow Movement 〜繋がりから流れ出す動き〜 」

7月1日(日)@USHITA PARK

詳細はこちら

 

 

フェルデンクライス EUREKA(エウレカ)

広島でフェルデンクライスメソッドのレッスンをしています。

ホームページはコチラ

レッスンに関するお問い合わせはコチラから

関連記事

  1. 保護中: 痛いってツライ【沖倫太朗】

  2. 保護中: 動きを感じながら触る・動かす【沖倫太朗】

  3. 天井を見上げると首がツライ・・・という方に【沖倫太朗】

  4. 【沖倫太朗】リハビリテーションイメージフォトについて

  5. 【沖倫太朗】私が考えるリハビリテーションとは

  6. rolling like…【沖倫太朗】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。