今までで一番印象に残っているリハビリテーション【月生達也】

皆さんこんにちわ。

神戸市の理学療法士

月生(げっしょう)達也です。

この投稿をお読みいただきありがとうございます!!

本日の題

【今までで一番印象に残っているリハビリテーション】

これは、なかなか。。。

読者の皆様いかがでしょうか?

リハビリテーション

という質問。

僕がすぐに出てきたのは、

女性
脊髄小脳変性症

の方です。

この方は担当ではありませんでした。

そう、代行でのリハビリテーションでした汗

担当療法士に話を聞き、
痺れの有無、ふらつき、アンバランス等について、

アドバイスを頂きました。

そして、代行介入

患者さんの希望としては

「自分の足で歩きたい」

です。

この方はピックアップ式歩行器での歩行をしていました。

が、

「自分の足で歩きたい」

という希望‼️

歩いてるのに?
いや、違う

自分の足(二本だけ)で歩きたい‼️

なんだ‼️

なので僕はひたすら、体の調整を行い

そして歩行訓練をするときには、

ピックアップ式歩行器をのけて、後ろから(見えないように)倒れないように少しだけ手伝い、

歩行訓練をしました‼️

歩けた‼️

その5m、どれだけ長かったでしょう。
どれだけ嬉しかったのだろう。

分かりません

が、

伝わりました。

その方の眼から涙が落ちていたから。

ここからさらに僕は、

患者さんの声にない訴えを気にするようになりました。

まだまだできていないことの方が多いですが、この一時間のリハビリテーションで、少なくとも僕は一人の女性に

可能性を感じていただけることができたのかなと思います。

私は歩けるんだ、という再発見。

そのお手伝いがこれからも出来るよう精進します。

月生達也

関連記事

  1. 秋の憂鬱を吹き飛ばそう!その方法をお教えします!【中井宏俊】

  2. 働き方について考えてみた【月生達也】

  3. 有酸素運動しても痩せないことがある?!有酸素運動をどう活かすか?【中井宏俊】

  4. 誤嚥性肺炎の原因には意外なものがある?!【中井宏俊】

  5. 【中井宏俊】今まで担当した中で一番印象に残っているリハビリテーション

  6. イメージフォトについて。【山本昇吾】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。