痛みからさよならする為に【蜷川雄哉】

こんばんは☆福岡県春日市の理学療法士、蜷川です!

先日はなぜ痛むのか?という記事を書かせていただきました!

まとめとして

1、痛みは身体のサイン

2、痛む場所は負担がかかっている証拠

3、痛み自体に対処しても元に戻る

というお話しでした。

痛みを治すという点で私が大事にしているのは、

2、痛む場所は負担がかかっている証拠

という点です!

これ、裏を返すと「負担がかかっていない場所もある」ということです!

人間の身体は良くも悪くも賢いもので、自分の身体の中で使いやすいところをよく使い、使いにくいところは使わない印象があります。

そのため、自分では気付かない事も多いと思います。

ただ硬いからといって、闇雲にストレッチをしてわけでもないですし、ただ単に腰痛予防で腹筋をすれば言い訳でもありません。

身体が痛むのは必ず理由があります!

そして、痛みを治すために個人にあった治療法があります!

それを教えてくれるのが、我々リハビリスタッフです!!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

関連記事

  1. 保護中: 療法士として必要な3つのマネージメント能力【高木庸平】

  2. 運動ってからだにいいの?【金澤陽一】

  3. あなたの膝は頑張りすぎていませんか?☝【高木庸平】

  4. バニラ・エアの件について考える…。【高木庸平】

  5. 療法士の考えをわかりやすく伝えよう!【高木庸平】

  6. ちゃんと寝てますか?【金澤陽一】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。