無料相談No.1に対する回答【西山祐二朗】


~~~~~~~~~~
こんにちは。
軟骨の移植手術をして一年たちます。(前十字靭帯の移植手術の経験もあり)
筋トレをして太ももを太くしようとしていますが、大腿直筋になかなか力が伝わらないです。
膝の曲げ伸ばしをすると痛みがあったり、ギジジジと擦れてる音がします。
何か、効果的なリハビリを、教えてほしいです。
~~~~~~~~~~

以上のような無料相談がリハビリドックにありました。

皆さんがいろいろな視点から回答してくれると思いますので、私は、感覚、ボディイメージみたいな視点からお話しさせていただきます。

身体を動かすときは、誰しもが頭の中で目的とされる運動が勝手にイメージされます。

例えば、両手を前方に伸ばしてくださいという指示に対して、

「前にならえ」のように手のひらを向かい合わせにする人もいれば、

キョンシーのように?手にひらを下に向ける人もいるはずです。

これは、頭の中にある運動イメージがその人によって違うからです。

これと同じように例えば、椅子に座って膝を曲げ伸ばしするとします。

すると、足首をだらんとして膝を動かす人もいれば、足首を固定して膝を動かす人、身体を左右どちらかに傾ける人、骨盤を大きく動かす人

など様々な動き方をされます。

これは、その人の頭の中にある「膝を曲げ伸ばしする」時の動きのイメージの違いになってきます。

そして、術後の方などは、膝の周囲筋を使っているつもりでも、他の筋肉を使っている場合が結構あります。これが、「代償」と呼ばれるものです。

その代償を使って動かしている限り、目的とした筋力増強の効果は低くなる場合が多いです。

その場合は、適した動きを再び学ぶことから始めていかないと、脳内に適したイメージは作られません。

運動イメージを変えていくのには、少し時間がかかってしまうことが多いです。

その運動イメージを変えていく中で筋力も少しずつついてくると思います。

しかしながら、脳内の運動イメージを変えていくのはなかなか一人では難しいのでお近くの理学療法士などの専門の方に相談してみてください。

いずれにしても、質問者の身体の使い方によって筋トレの方法が変わってきますので、みんなと同じようにトレーニングして結果が出ないときは、方法を上手に変えていくことをお勧めします。

関連記事

  1. How toだけでなくフレームワークが大切、って話【高木庸平】

  2. リハビリテーションのイメージフォトは?

  3. 無料相談No.3に対する回答【西山祐二朗】

  4. 色々なセラピーを体験してみよう【高木庸平】

  5. リハビリテーションと理学療法士の違いって何ですか?【金澤陽一】

  6. リハビリドックでは主に私の興味あることに関して書いていきます。【金澤陽一】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。