「筋トレしなきゃいけないですよね?【蜷川雄哉】

福岡県春日市の理学療法士、蜷川です☆

私の職場は外来のクリニックなので、老若男女様々な患者さんが来られますが、主に日常生活は自立されている人が比較的多いです。

その中で、よく聞かれるのが「腰痛(膝痛)治すのに筋トレしないといけないですよね?」ということです。よく腰痛予防で腹筋、膝痛予防で大腿部の筋トレが良いって聞く方も多いと思います。

個人的な意見ですが、スポーツをしている人でよりパフォーマンスを向上させたい人や日常生活を送るために必要な筋力をつけなければいけない人でなければ、筋トレはおすすめしていません。

特に外来で来られる患者さんの痛みについて言えば、「筋力不足」よりも「身体の使い方」の問題が大きいと思っています。

痛みが出るのは、そこに過度な負担がかかっているから。裏を返せば、負担がかかっていない場所=普段使えていない部分があるということです。

痛い所に注射や湿布をして治るとは限りません。痛む部位に負担がかからないように身体のバランスを取る必要があります。

そのため、「筋トレをしないといけないですよね?」と聞かれた時は、筋トレをするというより、普段使えていない部分を使えるようするということをお伝えさせてもらっています。

お読みいただきありがとうございます☆

関連記事

  1. 肩甲帯・肩へのワークの臨床応用②【高木庸平】

  2. 無料相談No.1に対する回答【西山祐二朗】

  3. 色々なセラピーを体験してみよう【高木庸平】

  4. 保護中: NBM…EBMじゃなくて?【熊谷拓哉】

  5. 無料相談に対する回答【熊谷拓哉】

  6. 地域社会に必要とされる療法士とは?【高木庸平】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。