リハビリテーションイメージフォトについて【蜷川雄哉】

福岡県で理学療法士をしています蜷川です。

イメージフォトについてですが私が選んだフォトは水平線に並んでいる二人の写真です。


これを選んだのは、私が理想としているセラピストと患者さん関係性に似ていると感じたからです。

二人の関係って自然な感じがします。ある人は家族、ある人は恋人同士、ある人は友達ととらえるのではないでしょうか?

私は、セラピストと患者さんの関係もそのように身近になるといいなと思っています!

病院にでリハビリをすることは決して敷居の高いものではありません。疲れたらマッサージやエステを受ける様に、リハビリが選択肢になると嬉しいです☆

関連記事

  1. 治療の効果【金澤陽一】

  2. 呼吸法『患者さん向け』【金澤陽一】

  3. 身近な健康法✨手のファンデーション(基礎)を築く3つのポイント!【高木庸平】

  4. 睡眠のメカニズム【熊谷拓哉】

  5. 無料相談に対する回答【熊谷拓哉】

  6. 【熊谷拓哉】自己紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。